1. ホーム
  2. 「しんゆり芸術祭」開催へ、オペラや演劇42公演/川崎

「しんゆり芸術祭」開催へ、オペラや演劇42公演/川崎

神奈川新聞  2013年01月23日 23:08

藤原歌劇団によるオペラ「カルメン」(実行委員会提供)
藤原歌劇団によるオペラ「カルメン」(実行委員会提供)

川崎市北部から芸術文化を発信する「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)」が、4月26日から5月6日まで、小田急線新百合ケ丘駅周辺などで開かれる。演劇やバレエ、能、狂言など多彩な29演目42公演を展開する。

同市麻生区を中心とする芸術関係者や行政、企業など多分野のメンバーでつくる実行委員会の主催。

複数の劇団や芸術系教育機関が拠点を置き、芸術家が大勢暮らす市北部は市民の芸術活動が盛んな地域。芸術祭は文化資源を生かした街づくりを進めようと2009年に始まり、ことしで5回目。例年2万人以上が来場する地域の恒例イベントとして定着している。

オープニングを飾るのは、藤原歌劇団によるオペラ「カルメン」。このほか、友枝昭世氏、山本東次郎氏の両人間国宝による能・狂言の競演、同芸術祭で千秋楽を迎える劇団民芸の演劇「カミサマの恋」など、5周年にふさわしい特別公演がめじろ押し。

落語やマジックを披露する「子ども寄席」やダンスコンテストなどもあり、芸術愛好家から家族連れまで幅広い層が堪能できる。

当初は同駅周辺のみで開催していたが、昨年初めて多摩区で2公演を実施。ことしはさらに宮前区の会場も加わり、着々と開催エリアが広がっている。

佐藤忠男実行委員長(日本映画大学学長)は「老若男女がお気に入りの公演を選び、楽しめる市民のための芸術祭をさらに定着させ、地域に貢献していきたい」と話している。

チケットは2月1日から販売。申し込みはチケットセンター電話044(955)3100。問い合わせは、実行委事務局電話044(952)5024。

【】


シェアする