1. ホーム
  2. 話題
  3. チューリップ6万株見ごろ 平塚の花菜ガーデン

チューリップ6万株見ごろ 平塚の花菜ガーデン

話題 神奈川新聞  2017年04月11日 02:00

園内で咲き誇る60品種のチューリップ=平塚市寺田縄の県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」
園内で咲き誇る60品種のチューリップ=平塚市寺田縄の県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」

 県立花と緑のふれあいセンター「花菜(かな)ガーデン」(平塚市寺田縄)でチューリップが見ごろを迎えた。黄色や赤、ピンクなど色とりどりの花を咲かせた約6万5千株が園内を春色に染めている。

 約1100平方メートルの「触れん土ファーム」に、「黄小町」や「とやまレッド」など昨年のほぼ倍となる60品種が咲き誇っている。同園は「日照不足で成育が遅れ、先月末の寒さで開花が遅れた分、花が散らずに残っている。展示最終日の16日まで楽しめる」と多くの来場を呼び掛けている。父親と訪れていた秦野市の女児は「ピンクのお花がきれいで、お散歩が楽しかった」と満面の笑みだった。

 園内ではハナモモや桜も咲いており、春本番を感じることができる。

 開園時間は午前9時から午後5時までで、入園料は大人520円など。問い合わせは、同園電話0463(73)6170。


シェアする