1. ホーム
  2. 話題
  3. 学食から健康づくり(8)揚げ鯖のみぞれあんかけ

県立保健福祉大学 食育サークル・シーラボ
学食から健康づくり(8)揚げ鯖のみぞれあんかけ

話題 神奈川新聞  2017年04月10日 19:12

ご飯、小松菜ともやしのからし和え、揚げ鯖のみぞれあんかけ、具だくさんみそ汁、粉吹き芋(左から時計回りに)
ご飯、小松菜ともやしのからし和え、揚げ鯖のみぞれあんかけ、具だくさんみそ汁、粉吹き芋(左から時計回りに)

目隠しディナーの様子
目隠しディナーの様子

旬の魚をおいしく食べよう!一汁三菜ランチ
 旬のサバを中心に、日本の伝統「一汁三菜」を意識した献立です。脂肪がのったサバは、大根おろしのあん掛けでさっぱり食べられます。サバなど青魚の脂肪に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)は血液をサラサラにする効果があります。温かいご飯と一緒にいかがですか。

 今夏、子どもたちの五感を育てるボランティア団体「5SENSES」(ファイブセンス)主催のキャンプに参加。「目隠しディナー」の内容を考えました。食材の味や食感をより感じてもらう試みです。私たちもよい勉強になりました。


ご飯、小松菜ともやしのからし和え、揚げ鯖のみぞれあんかけ、具だくさんみそ汁、粉吹き芋(左から時計回りに)
ご飯、小松菜ともやしのからし和え、揚げ鯖のみぞれあんかけ、具だくさんみそ汁、粉吹き芋(左から時計回りに)

揚げ鯖のみぞれあんかけ

材料(4人分)・サバ 4切れ(280g)

・A
 酒 大さじ1と1/3(20g)
 塩 少々
・かたくり粉 大さじ2強(20g)
・揚げ油 適量
・大根 1/5本(160g)
・かつおだし 大さじ4(60g)
・しょうゆ 大さじ1と1/2(27g)
・砂糖 大さじ2強(20g)
 かたくり粉 大さじ1と1/3(12g)
 水 適量
・小ネギ 1本(5g)

作り方 1人分615kcal
【1】サバはAで下味を付ける。
【2】(1)にかたくり粉をまぶし、適量の油で揚げる。
【3】大根はおろし、小ネギは小口切りにする。
【4】大根おろしとかつおだし、しょうゆ、砂糖を鍋に入れて加熱し、煮立ったら火を弱め、水溶きかたくり粉を加えてとろみをつける。
【5】揚げた鯖に(4)を掛け、最後に小ネギを散らす。

【2015年11月5日紙面掲載】


シェアする