1. ホーム
  2. 社会
  3. 鎌倉ユネスコ協会募集が書き損じはがき募集、不就学児童支援/神奈川

鎌倉ユネスコ協会募集が書き損じはがき募集、不就学児童支援/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年01月16日 21:28

日本ユネスコ協会連盟(東京都渋谷区)の構成組織である「鎌倉ユネスコ協会」(佐藤美智子会長)は、書き損じたはがきを募集している。現金化し、世界に6千万人いるとされる不就学児童らの支援に充てる。

1枚のはがきは45円に換金される。協会によると、カンボジアで消しゴム2個、ネパールで鉛筆7本、ラオスではチョーク35本に換わる。大半の発展途上国では、10枚前後で学校に1カ月通えるという。集まったはがきを協会が切手に換え、同連盟が換金。各国の現地事務所や非政府組織を通じて寄付する。

協会は「世界寺子屋運動」として、1989年からはがきの募集を続けている。2012年は約1万枚が集まり、計48万円を発展途上国に送った。

協会は「教育を受ければ、貧困から脱して自らの力で人生を切り開ける。学びの場を提供するために協力してほしい」と呼び掛けている。

24日から2月末まで、郵送で受け付ける。送り先は、〒247-0062、鎌倉市山ノ内381、協会理事の森井曠雄(あきお)さん。

問い合わせは、森井さん電話0467(22)8949。

【】


シェアする