1. ホーム
  2. 社会
  3. リニューアルから8カ月半で入館者30万人達成、かわさき宙と緑の科学館/神奈川

リニューアルから8カ月半で入館者30万人達成、かわさき宙と緑の科学館/神奈川

社会 神奈川新聞  2013年01月13日 23:18

山田館長(右)から記念品を渡される堀田さん一家=かわさき宙と緑の科学館
山田館長(右)から記念品を渡される堀田さん一家=かわさき宙と緑の科学館

かわさき宙(そら)と緑の科学館(川崎市多摩区)のリニューアルオープン以来の入館者が13日午前、30万人に達した。昨年4月28日に世界最新鋭のプラネタリウムを体験できる施設として生まれ変わって8カ月半で年間入館者数の目標を達成した。

30万人目となったのは、同市高津区に住む会社員堀田勇次さん(44)の家族。妻、小学生の娘と保育園児の息子の4人で訪れた。山田友之館長が一家に、家庭用のプラネタリウム投影機や同科学館のマスコット「プリンちゃん」のぬいぐるみ、食事券などの記念品を贈った。妻のみゆきさんは「昨日みんなで行こうと決めたので、びっくり」と笑顔で話していた。

近年の年間入館者数は25万人前後。同館では「市民に親しまれる博物館として、これまで通り自然や科学、天文に関する研究や教育普及事業に取り組む。今後も愛される施設になるよう努力していきたい」と話していた。

【】


シェアする