1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 全国高校サッカー:桐光学園ゴール遠く、16大会ぶり決勝進出逃す

全国高校サッカー:桐光学園ゴール遠く、16大会ぶり決勝進出逃す

スポーツ 神奈川新聞  2013年01月12日 23:33

準決勝で敗退し、肩を落とす桐光学園イレブン
準決勝で敗退し、肩を落とす桐光学園イレブン

第91回全国高校サッカー選手権第6日は12日、東京・国立競技場で準決勝を行い、神奈川代表の桐光学園は京都橘に0-3で敗れ、中村俊輔(現横浜M)を擁した1996年度以来16大会ぶりの決勝進出を逃した。

桐光は攻めながらもゴールを奪えずにいると、京都橘の仙頭、小屋松の2トップなどに得点を決められた。

準決勝の残り1試合は鵬翔(宮崎)が星稜(石川)をPK戦で下した。宮崎県勢は初、京都府勢は第89回大会の久御山以来2大会ぶりの決勝進出となった。決勝は14日に同競技場で行われる。

【】


シェアする