1. ホーム
  2. 社会
  3. 自慢の盆栽一堂に、持ち味のある力作75点が並ぶ県銘品展/相模原

自慢の盆栽一堂に、持ち味のある力作75点が並ぶ県銘品展/相模原

社会 神奈川新聞  2013年01月06日 23:45

それぞれの持ち味のある逸品が並び、相模原で初開催となった盆栽展=相模原市南区の県立相模原公園
それぞれの持ち味のある逸品が並び、相模原で初開催となった盆栽展=相模原市南区の県立相模原公園

県内の盆栽業者が主催する県銘品盆栽展が、相模原市南区の県立相模原公園内の大温室「サカタのタネ グリーンハウス」で開かれている。県内各地で開催し、今年で38回を数えるが、同市では初めて。それぞれ持ち味のある力作75点が並ぶ。9日まで。

県内14の盆栽業者などで組織する県銘品盆栽会が主催。さまざまな世代が盆栽の世界に触れるきっかけにしてもらおうと、多くの家族連れや若者も訪れる同公園を会場に選んだ。

同温室1階アトリウムには、同会に寄せられた愛好家の作品がずらり。松をはじめ、山紅葉やユズも観客の視線を集めていた。枝の広がり具合をじっと見詰める幼児の姿もあった。

市内で盆栽園「ちはる園」を営み、同展の運営にも携わる今井千春さん(50)は「小さな空間の中に表現された大木の雰囲気を味わってほしい」と話した。

観覧は午前9時半から午後4時半まで。無料。問い合わせは、同公園電話042(778)1653。

【】


シェアする