1. ホーム
  2. 社会
  3. オスプレイ配備反対、厚木基地周辺で700人デモ/神奈川

オスプレイ配備反対、厚木基地周辺で700人デモ/神奈川

社会 神奈川新聞  2012年12月23日 23:52

オスプレイ配備撤回などを訴えるデモ行進=綾瀬市大上
オスプレイ配備撤回などを訴えるデモ行進=綾瀬市大上

米海兵隊新型輸送機MV22オスプレイの沖縄・米軍普天間飛行場への配備と、米兵の凶悪事件に抗議するデモ行進が23日、米海軍厚木基地周辺で行われた。

厚木基地爆音防止期成同盟(厚木爆同)など県内4団体と「オスプレイの沖縄配備に反対する首都圏ネットワーク」の共催で、市民団体や労働組合など700人を超える人が参加。同日に沖縄でも抗議行動が行われており、呼応する形での開催となった。

普天間飛行場に配備されたオスプレイの本土飛行訓練では、厚木基地も使用される可能性がある。また同基地周辺では7月に米兵による強姦(ごうかん)致傷事件(不起訴処分)も起きており、不安が広がっている。

デモ行進に先立って海老名市東柏ケ谷の東柏ケ谷近隣公園で行われた集会では、厚木爆同の藤田榮治委員長が「これは沖縄、厚木だけでなく、国民の主権を回復する戦い」と位置付け、運動の盛り上がりを呼び掛けた。

参加者はオスプレイのシルエットに×マークを付けたプラカードを持ち、同公園から基地正門までの約1キロを「低空飛行訓練反対」「米兵の凶悪事件糾弾」などと叫びながら行進、基地関係者に各団体の抗議文などを手渡した。

【】


シェアする