1. ホーム
  2. 社会
  3. きれいな海取り戻そう、横須賀港湾防災支援会がで清掃活動/神奈川

きれいな海取り戻そう、横須賀港湾防災支援会がで清掃活動/神奈川

社会 神奈川新聞  2012年12月23日 22:47

横須賀本港で集めたごみをまとめる参加者=横須賀市
横須賀本港で集めたごみをまとめる参加者=横須賀市

艦船のイルミネーションなどで横須賀本港がにぎわう年末を前にきれいな海を取り戻そうと、横須賀市のNPO法人が23日、同港周辺で清掃活動を行った。寒空の下で約100人が美しい港を願い、汗を流した。

月2回、東京湾に漂流するごみの収集活動を行っているNPO法人「横須賀港湾防災支援会」などが主催。年末の恒例となっている艦船のイルミネーションなどが控えた今回は、市民団体「クリーンよこすか市民の会」などのメンバーも加わって行われた。

同法人によると、秋から春にかけての間、風向きや海流の影響で横須賀の近海には東京湾のごみが多く流れ着いてくるという。この日は約1時間半の活動で、4台のさびた自転車にプラスチック容器、空き缶やペットボトルなどを拾い集めた。

近づくのが難しい場所は、小型船を出して船の上から海面を清掃。集積地点には90リットルのポリ袋が山のようになり、約1・8トン分を回収した。

同法人代表の後藤常正代表(79)は「せっかく港に遊びに来ても、ごみがあっては残念。訪れる市民や観光客の方に、きれいな海を見てもらいたい」と話す。参加した女性は「ごみがなくなると気持ちがいい。海辺を飛ぶ鳥も喜んでいるようです」と目を細めていた。

【】


シェアする