1. ホーム
  2. 社会
  3. 偽造カード不正輸入 県警、容疑で男2人逮捕

偽造カード不正輸入 県警、容疑で男2人逮捕

社会 神奈川新聞  2017年04月07日 15:39

 偽造クレジットカードをマレーシアから輸入するなどしたとして、県警組織犯罪分析課などは6日、支払用カード電磁的記録不正輸入と同作出準備の疑いで、いずれも住所不定の無職の男2人を逮捕した。

 逮捕容疑は、両容疑者の知人で横浜市中区の会社役員の男(39)=同輸入と同作出準備容疑で逮捕、処分保留で釈放=と共謀し昨年12月2日、不正に磁気データが入力された偽造クレジットカード2枚をマレーシアから輸入したほか、同月5日、東京都江東区の東京国際郵便局内検査場でクレジットカードの原料となるカード514枚を準備した、としている。

 同課によると、容疑者の男は「そんなこと知りません」などと供述、容疑を否認している。

 同課によると、東京税関から「不正カードが届いた」との情報が県警に寄せられた。容疑者の男は逮捕された時、偽造カードや原料となるカードを計約90枚所持していたという。

 両容疑者は昨年9月からことし3月にかけて、偽造カードでゲーム機などを購入し、複数の買い取り業者に売却するなどして約7千万円の利益を得ていたとみられ、県警は他にも関与した人物がいないかも含め、捜査を進めている。


シェアする