1. ホーム
  2. 社会
  3. 神奈川区の連続不審火、器物損壊容疑で男子高校生を再逮捕、関与認める/横浜

神奈川区の連続不審火、器物損壊容疑で男子高校生を再逮捕、関与認める/横浜

社会 神奈川新聞  2012年12月06日 22:56

横浜市神奈川区のマンション駐車場でプラスチックケースを燃やしたとして、神奈川署は6日、器物損壊の疑いで、同区に住む県立高校1年の男子生徒(15)を再逮捕した。付近で不審火が相次いでおり、少年は計7件について関与を認めているという。

再逮捕容疑は、10月26日午後4時半ごろ、同区西寺尾4丁目のマンションで、駐車場に置かれたプラスチックケースにライターで火を付けて燃やした、としている。同署によると、少年は容疑を認めている。

同署によると、10月25日~11月3日、同区の半径約500メートル以内の住宅街で、マンションベランダに干された洗濯物や住宅の網戸などが燃える計8件の連続不審火が発生。このうち7件について、少年は「火を付けたらどうなるか、捕まったらどうしようなどとスリルを味わうためにやった」と供述しているという。いずれも1人で同じライターを使って火を付け、徒歩や自転車で逃走したといい、「被害者の方に申し訳ない」と話しているという。

同署は現住建造物等放火容疑での立件も視野に捜査している。少年は、同区のマンションの壁などにスプレーで落書きした器物損壊容疑などで、11月18日に逮捕された。

【】


シェアする