1. ホーム
  2. 社会
  3. 馬入花畑の魅力伝える、写真展が11月26日まで開催/平塚

馬入花畑の魅力伝える、写真展が11月26日まで開催/平塚

社会 神奈川新聞  2012年11月21日 21:49

花畑の美しい写真やボランティアの活動を紹介した馬入花畑写真展=平塚市役所1階市民ホール
花畑の美しい写真やボランティアの活動を紹介した馬入花畑写真展=平塚市役所1階市民ホール

平塚市馬入の相模川河川敷にある花畑「馬入・光と風の花づつみ」で四季折々に咲く花々や、ボランティアの活動を紹介する「馬入花畑写真展」が、平塚市役所1階市民ホール(浅間町)で26日まで開かれている。咲き誇るポピーやコスモス、花畑から望む富士山など約40点の作品が展示されている。

花畑は1997年に国、県、市が協力して整備。現在は約3ヘクタールの広さになっている。春にはポピー、秋にはコスモスをはじめ、芝桜やチューリップ、百日草、ラベンダーなど四季折々の花が咲き、多くの人が訪れている。写真展では、今回の企画に寄せられた作品32点のほか、市観光協会の観光風景写真コンクールの作品9点も展示し、花畑の魅力を伝えている。

花畑維持のため、2004年にはボランティア団体「馬入花畑の会」(根岸吉治会長)が発足し、多くのボランティア市民、団体などと協力して、雑草取り、植栽、種まきなどの作業にあたっている。会場では、作業風景などの写真15枚も展示し、会の活動を紹介し入会募集もしている。問い合わせは、市みどり公園・水辺課電話0463(21)9852。

【】


シェアする