1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 川崎市12月補正予算案、焼却灰の保管施設整備に1億600万円/神奈川

川崎市12月補正予算案、焼却灰の保管施設整備に1億600万円/神奈川

政治行政 神奈川新聞  2012年11月19日 22:29

川崎市は、26日開会の市議会第4回定例会に12月補正予算案を提出する。

一般会計の補正額は総額12億4925万円。歳出は、放射性物質が検出された焼却灰などを保管する新たな施設の整備費1億600万円、小児慢性特定疾患医療等給付事業費4億9333万円、防犯灯のLED化に対する補助事業費4875万円、衆院選などの経費3億163万円など。

また、2013年4月以降、新たに発生するごみ焼却灰について安全対策を実施した上で、試験的に水面埋め立てを再開する方針の決定を受け、ゼオライト処理に必要なごみ焼却施設の設備改修に約7億3449万円の債務負担行為を設定した。

【】


シェアする