1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 福祉・子育ての拠点に 町役場隣接、複合施設建設へ 寒川

福祉・子育ての拠点に 町役場隣接、複合施設建設へ 寒川

政治行政 神奈川新聞  2017年04月05日 15:20

現在は駐車場として暫定利用している複合施設建設予定地(寒川町提供)
現在は駐車場として暫定利用している複合施設建設予定地(寒川町提供)

 寒川町役場に隣接する健康福祉総合センター建設予定地を巡り、町は福祉・子育て拠点に役場や町民センター機能を加えた複合施設を建設する新たな計画を明らかにした。土地取得から8年が経過していたが、単独施設の建設を疑問視する町民意見を受けて構想がストップしていた。

 町は2009年3月、健康福祉総合センターの建設を目的に、役場の隣接地(約6500平方メートル)を約7億3600万円で購入。乳幼児から高齢者まで活用できるよう、多目的室や活動ルーム、キッチンやカフェなどを予定していた。

 当初は16年の実施設計、17年の着工予定だったが、15年1月の意見公募で建設に疑問や反対の意見が多く寄せられたことなどから、構想段階で止まっていた。

 新たな計画案は、今年3月に公表した公共施設等総合管理計画に明記。町は方針転換の理由について、「人口減少や少子高齢化で生産人口が減っていく中、公共施設を単独で建設することは難しい」と説明している。

 複合施設の延べ床面積は1万平方メートル、建設費用は約32億7千万円を想定。ただ小中学校の建て替えも控えており、具体的な建設計画は「他の建物の状況なども踏まえた上で判断する」として着工時期などは今後、検討していくという。


シェアする