1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜市議を再度不起訴、公選法違反容疑で横浜地検/神奈川

横浜市議を再度不起訴、公選法違反容疑で横浜地検/神奈川

社会 神奈川新聞  2012年11月02日 23:51

公職選挙法違反容疑で告発され、不起訴処分となったが、その後、検察審査会が不起訴不当と議決した港南区選出の横浜市議(49)について、横浜地検は2日までに、再度、不起訴(嫌疑不十分)とした。

市議は、昨年4月に投開票された横浜市議選で、林文子横浜市長の推薦を受けているかのような文言を本人の許可なく選挙運動用ポスターなどに記載したとして、公選法違反容疑で告発された。

地検は同12月に不起訴(嫌疑不十分)としたが、今年7月、横浜第3検察審査会が「市議は違反と認識しており、犯意は明らか」などとして不起訴不当と議決した。議決に拘束力はないが、地検は再捜査していた。

【】


シェアする