1. ホーム
  2. 話題
  3. 学食から健康づくり(6)鶏肉と夏野菜の甘酢あんかけ丼

県立保健福祉大学 食育サークル・シーラボ
学食から健康づくり(6)鶏肉と夏野菜の甘酢あんかけ丼

話題 神奈川新聞  2017年04月04日 18:48


調理研修の様子
調理研修の様子

春色☆お祝いランチ
 和食は塩分が多くなりがちです。そこで酢や梅肉を使って、減塩メニューにしました(食塩2g)。残暑による夏バテで食欲が落ちてしまいがちですが、さっぱりした味付けが食欲を高めます。しっかり食べ元気を補給しましょう。主菜には夏野菜を取り入れ、彩り良くしました。

 「シーラボ☆」では調理技術や献立作成技術の向上を目指し、学外の管理栄養士の先生に指導いただいて毎月、調理研修を行っています。盛り付けや調理のこつなど、実践的な学習に取り組んでいます。スキルアップを図り、活動の幅を広げていきたいです。


鶏肉と夏野菜の甘酢あんかけ丼、きゅうりともやしの梅おろし和え、オレンジ、えのきのお吸い物(中央から時計回りに)
鶏肉と夏野菜の甘酢あんかけ丼、きゅうりともやしの梅おろし和え、オレンジ、えのきのお吸い物(中央から時計回りに)

鶏肉と夏野菜の甘酢あんかけ丼

材料(4人分)・ご飯 茶わん4杯分 (640g)
・鶏むね肉 1枚(240g)

・A
 おろしショウガ 大さじ1(12g)
 酒 大さじ1と1/3(20g)
 しょうゆ 小さじ1と1/3(8g)・かたくり粉 大さじ1と1/3(12g)
・カボチャ 4つ割りの1/4カット(120g)
・ジャガイモ 大1個(120g)
・ナス 中1本(100g)
・赤ピーマン 小2個(60g)
・揚げ油 適量 

〈甘酢あん〉
・酢 大さじ1と1/3(20g)
・ケチャップ 大さじ1(15g)
・砂糖 大さじ1と1/3(12g)
・しょうゆ 小さじ2/3(4g)
・水 1/2カップ(100g)
 かたくり粉 小さじ1と1/3(4g)
 水 大さじ1(15g)

作り方 1人分625kcal
【1】鶏肉は4等分し、それぞれ三つに切り、ひと口大にする。Aを加え、もみ込んでおく。
【2】カボチャは種とわたを取り、5ミリ幅の薄切りにし、半分に切る。ジャガイモは皮をむき、八つ切りにする。ナスは縦半分に切ったものをさらに縦4等分に切り隠し包丁を入れる。赤ピーマンは半分に切って種とへたを取り、1センチの幅に切る。
【3】(1)にかたくり粉をまぶし、180度の油で揚げる。(2)は素揚げにする。
【4】水溶きかたくり粉以外の甘酢あんの材料を鍋でひと煮立ちさせ、水溶きかたくり粉を入れてとろみをつける。
【5】丼にご飯、鶏肉、野菜を盛り付け、甘酢あんをかける。

【2015年9月3日紙面掲載】


シェアする