1. ホーム
  2. 社会
  3. 「犯罪から身を守れ」、専修大で護身術講習/川崎

「犯罪から身を守れ」、専修大で護身術講習/川崎

社会 神奈川新聞  2012年10月23日 23:04

痴漢など性犯罪に遭遇した場合の対処法を学ぶ女子学生対象の護身術講習会が23日、川崎市多摩区の専修大学生田キャンパスで行われた。同大の女子学生17人が参加した。

区内で女性を狙った犯罪が増加傾向にあることから、女子学生に身を守る術を身に付けてもらおうと多摩署と同大が企画。同署員らが講師を務め、「自分の身は自分で守るという防犯意識を持ってほしい。普段の心掛けが一番重要」などと呼び掛けた。

女子学生は、つかまれた腕を回して相手の手を振りほどく「外回し」、「内回し」などの護身術を練習。傘を使って手を離す方法や、後ろから抱きつかれたときに相手の靴を踏んだり、しゃがんだりして離れる対処法も学んだ。

参加した人間科学部1年の間庭百花さん(18)は「外回しなどは自分でも実践できそうなので、いざというときは冷静に対処したい」と話していた。

【】


シェアする