1. ホーム
  2. 社会
  3. 笑いと皮肉で原発問う、10月31日に動画上映と座談会/相模原

笑いと皮肉で原発問う、10月31日に動画上映と座談会/相模原

社会 神奈川新聞  2012年10月16日 00:18

上映される「絶対!!原子力戦隊スイシンジャー異形編」の一場面
上映される「絶対!!原子力戦隊スイシンジャー異形編」の一場面

インターネット上で話題の、原発推進派を痛烈に皮肉った動画「絶対!!原子力戦隊スイシンジャー」の上映会が31日、相模原市緑区橋本のカフェこたつで開かれる。制作した若手コントグループと対話する座談会もある。主催者は「原発の問題を考えるきっかけを笑いからつくり出したい」と来場を呼び掛けている。

動画を手掛けたのは若手のコントグループ「尾米タケル之一座」。今年1月、スイシンジャーのテーマ曲を2分半の動画にまとめ、動画サイトに投稿した。戦隊ヒーローの格好をした「東電レッド」「経産省ブルー」「マスコミホワイト」が「利権!天下り!スポンサー! 力を合わせて掴(つか)み取れ」と歌う姿が「皮肉っぷりがいい」「こういう風刺で広く問題を問いかけることも必要」などと評判に。動画サイトではこれまで19万回近く視聴された。

今回上映されるのは「異形編」。原発推進の「正義」を振りかざすスイシンジャーが、反原発を唱える京大原子炉実験所助教・小出裕章さんに論戦を挑み、ことごとく論破されてしまう、という内容だ。

上映会を企画した市民グループ「ぷちたねまき寺子屋」の内田弘美さん=相模原市緑区城山=は「原発は安全で必要という一方の情報に踊らされてきた。そんな無知だった自分を笑い、認めることから、この問題を前向きに考える第一歩にしたい」と話している。

午後7時から。予約が必要で、大人1800円、中高生千円、親子ペア2500円。

申し込みと問い合わせは、内田さん電話090(1205)5678。

【】


シェアする