1. ホーム
  2. 社会
  3. 12年度市文化賞発表、元中学校長の江頭さんら/川崎

12年度市文化賞発表、元中学校長の江頭さんら/川崎

社会 神奈川新聞  2012年09月19日 12:06

専修大体育会サッカー部
専修大体育会サッカー部

川崎市の阿部孝夫市長は18日、2012年度の川崎市文化賞の受賞者を発表した。41回目となる本年度は、元市立中学校校長の江頭秀夫さん(74)と、かわさき市民アカデミー学長の和田あき子さん(73)の2人が受賞。同時に市社会功労賞、市スポーツ賞、市アゼリア輝賞の各賞受賞者も決まった。表彰式は11月8日、市国際交流センター(中原区)で行われる。

江頭さんは1960年に市立西中原中学校に勤務して以来、学校、社会教育、教育行政面で市政に貢献。現在、「読書のまち・かわさき事業推進委員会」の会長を務めている。

和田さんは、同アカデミーの創設(1993年)以来、その運営に尽力。2007年4月にNPO法人となり、学長として市民を対象に高い専門性を備えた生涯学習の場を提供している。

また、社会功労者賞は、市民生委員児童委員協議会顧問の萩原保夫さん(79)、市薬剤師会会長の間瀬実さん(72)が受賞。スポーツ賞には、第85回関東大学リーグ1部で初優勝した専修大学体育会サッカー部が輝いた。若い世代を対象にしたアゼリア輝賞は、ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝した垣内悠希さん(34)と第8回ソウル国際音楽コンクール・バイオリン部門で優勝した毛利文香さん(18)に贈られた。

【】


シェアする