1. ホーム
  2. 社会
  3. 禁煙の学校敷地内で、校長らが2年にわたり喫煙 県教委が厳重注意処分

禁煙の学校敷地内で、校長らが2年にわたり喫煙 県教委が厳重注意処分

社会 神奈川新聞  2017年03月31日 02:00

 県立横浜立野高校(横浜市中区)で敷地内が全面禁煙になっているにもかかわらず、校長らが約2年にわたり敷地内で喫煙していたことが30日、分かった。県教育委員会は不適切だったとして、男性校長(60)と男性事務長(58)に厳重注意処分を行った。

 県教委行政課によると、関係者からの指摘を受け、校長らに聞き取りしたところ、2014年4月ごろから昨年まで、敷地内の資材置き場周辺を「喫煙所」として使っていたという。校長は「敷地外で吸うと生徒の目に付き、煙が生徒に流れる。それは避けようと、敷地内の目に付かない所で吸ってしまった」などと話しているという。

 県教委は県立学校の建物内については04年4月から禁煙としている。08年8月には喫煙防止教育の一層の推進を図るため、敷地内を全面禁煙にすると全校長に通知し、09年1月から実施していた。

 今回、事務長は時間外手当の入力ルールに違反があったほか、同窓会・PTAからの寄付受け入れの手続きにも不適正な事務があったという。


シェアする