1. ホーム
  2. 幻想的な舞が市民ら魅了、藤沢・遊行寺で薪能/神奈川

幻想的な舞が市民ら魅了、藤沢・遊行寺で薪能/神奈川

神奈川新聞  2012年08月25日 00:44

称名寺の紅葉を題材にした能「六浦(むつら)」
称名寺の紅葉を題材にした能「六浦(むつら)」

第27回遊行寺薪能が23日夜、藤沢市西富の遊行寺境内で催された。かがり火に照らされる特設舞台で幻想的な世界が表現され、市民ら約1600人を魅了した。実行委員会の主催。藤沢市、藤沢商工会議所、三浦藤沢信用金庫など後援。

昨年の第26回は東日本大震災の影響で中止したため、2年ぶりの開催。称名寺の紅葉を題材にした能「六浦(むつら)」と、ユーモラスな狂言の「察化(さっか)」、菅原道真の亡霊が雷神となって暴れる能「雷電」が上演された。

せみ時雨が降る中、観客は静かに時間が流れる幽玄の空間に浸っていた。

【】


シェアする