1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ロンドン五輪:陸上吉川美香選手、相模原市へ結果報告/神奈川

ロンドン五輪:陸上吉川美香選手、相模原市へ結果報告/神奈川

スポーツ 神奈川新聞  2012年08月23日 22:57

ロンドン五輪での結果を振り返る吉川選手=相模原市役所
ロンドン五輪での結果を振り返る吉川選手=相模原市役所

相模原市南区出身でロンドン五輪陸上女子5000メートル、1万メートルに出場した吉川美香選手(27)=パナソニック=が23日、結果報告のため相模原市役所を訪れた。

5000メートルは予選敗退、1万メートルは16位という結果だった吉川選手だが「応援してくれた人への感謝の気持ちが湧いた。人間的に成長できた大会だった」と振り返った。

市立麻溝台中で陸上部に入った。市立双葉小時代は、女子サッカー日本代表の岩清水梓選手(25)と同じ大沼サッカースポーツ少年団でプレーしていたという。「サッカー自体は苦手で、ボールを追いかけることが好きだった」と笑う。

同席した市陸上競技協会の神藤昭嘉会長(64)によると「走る姿が小学生のころから違った。子鹿のような天性のバネがあった」。神藤会長が顧問をしていた陸上強豪校の県立荏田高校に進み、才能を花開かせた。

いまも帰省すると自宅近くの県立相模原公園でトレーニングをするといい、「競技場が年々立派になっていき、うれしい」と吉川選手。4年後のリオデジャネイロ五輪に向け、神藤会長に「これからは吉川の時代」とハッパを掛けられると、「地元の陸上界を盛り上げるためにも、相模原市の大会にも出ていきたい」と話していた。

【】


シェアする