1. ホーム
  2. 社会
  3. 六角橋商店街に新名所誕生、木造空き店舗を活用したライブハウス/横浜

六角橋商店街に新名所誕生、木造空き店舗を活用したライブハウス/横浜

社会 神奈川新聞  2012年08月14日 14:13

かつお節店だった木造家屋を活用した六角橋レトロ劇場=横浜市神奈川区の六角橋商店街
かつお節店だった木造家屋を活用した六角橋レトロ劇場=横浜市神奈川区の六角橋商店街

横浜市神奈川区の六角橋商店街で、昭和の風情が薫る空き店舗がライブハウスに生まれ変わった。かつお節店だった木造家屋の趣を生かし、月1回のペースでライブを開催。「活性化の一助に」との思いが込められ、新名所として人気となっている。

ライブハウスは「六角橋レトロ劇場」。約60年間続いたというかつお節店が3年前に閉店後、残された店舗を活用し、今年4月にオープンした。

企画したのは、同店向かいの楽器店「工房MusicJump」店主の岩崎行雄さん(68)と、友人の会社員林あきひこさん(54)。これまでも商店街でライブを開いていたが、もっと気軽に音楽を楽しめる場をつくりたいと、味わい深い家屋に目をつけた。資機材を運び込み、台所だった場所はステージに、売り場は客席に変身。入り口の引き戸を開けて、誰でも自由に出入りできる開放的な雰囲気となっている。

「東日本大震災や昨年8月の火災などで商店街の客足が減った。ライブで活気づけたい」と岩崎さん。学生時代から演奏や作曲を続ける林さんは「懐かしい雰囲気で、楽な気持ちで演奏できるのでは」と話す。出演者からも「初めて知らない人の前で歌ったが、緊張しなかった」と好評だ。

3回目となった先月28日のライブでは、趣味で音楽活動をしている会社員や主婦、歌手を目指す人など9組が出演。美空ひばりやエルビス・プレスリーなどの往年の名曲、自作のご当地ソングなど多彩な曲をギターやアコーディオンの弾き語りなどで披露した。

買い物客も思わず足を止め、「レトロな雰囲気がすてき」と写真を撮る女性も。岩崎さんと林さんは「商店街に人が集まり、出演者もさまざまな人に聞いてもらえる。定期的に続けたい」と意気込んでいる。

次回は9月29日の開催予定で、出演者も募集している。問い合わせは、工房MusicJump電話045(423)0761。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕