1. ホーム
  2. 社会
  3. 世界の食虫植物集合、捕虫観察できる教室も/箱根

世界の食虫植物集合、捕虫観察できる教室も/箱根

社会 神奈川新聞  2012年08月06日 22:56

世界各地の食虫植物を展示する企画展が、箱根町仙石原の町立箱根湿生花園で開かれている。捕虫の瞬間を観察できるミニ教室もある。31日まで。

食虫植物は虫などを捕まえて食べ、窒素やリンなどの養分を補う。甘い蜜で虫を穴に誘い込む「落とし穴式」、葉の内側の針に触れた虫を捕まえる「わな式」、仙石原湿原にもあるモウセンゴケなど、葉にある繊毛などから粘液を出す「粘着式」などがある。

約100種類が展示されており、ウツボカズラなどの落とし穴があちこちにぶら下がる一角は熱帯さながら。ミニ教室では、職員が落とし穴の中身も示しながら仕組みを解説。わな式のハエトリグサが葉の上に置かれた虫を感知し葉を閉じると、見学者は「おおっ」と感嘆の声を上げていた。

を閉じると、見学者は「おおっ」と感嘆の声を上げていた。

横浜市金沢区の田中和正さん(57)は「植物が虫を捕らえるところは初めて見た。仕組みが分かった」と話していた。

午前9時~午後5時。ミニ教室は午後1時半からで、期間中は毎日開催している。入園料などの問い合わせは、同園電話0460(84)7293。

【】


シェアする