1. ホーム
  2. 社会
  3. 境川の自然をいかだで満喫、瀬谷の子どもたち/横浜

境川の自然をいかだで満喫、瀬谷の子どもたち/横浜

社会 神奈川新聞  2012年08月01日 00:09

いかだに乗船する子どもたち=境川
いかだに乗船する子どもたち=境川

横浜市瀬谷区と大和市の間を流れる境川で31日、いかだ乗船を体験するイベントが開かれ、地域の子ども11人が昔ながらの遊びを楽しんだ。

地域の自然に愛着を持ってもらおうと、瀬谷区内の有志でつくるボランティアグループ「かっぱの会」が初めて開いた。メンバーが地元の竹と廃材のベニヤ板で骨組みを作り、タイヤを浮き輪代わりにしていかだを制作。子どもたちは交代で乗船し、笑顔でいかだをこいだ。

上瀬谷小学校2年生の箭内楓花ちゃん(7)は「ゆらゆらして少し怖かったけど、楽しかった。また乗りたい」と目を輝かせた。

同会の奥津敏雄会長(70)は「遊園地やゲームだけでなく、昔からの原始的な遊びの面白さも知ってもらいたかった。川で遊んだことを忘れず、自然を大切にする気持ちを持ち続けてほしい」と話した。

【】


シェアする