1. ホーム
  2. 社会
  3. 猿島沖の魚雷、海自が爆破処理/横須賀

猿島沖の魚雷、海自が爆破処理/横須賀

社会 神奈川新聞  2012年07月12日 21:03

海上自衛隊は12日、横須賀市の猿島沖で見つかった第2次世界大戦中の魚雷を海中で爆破処理した。海自横須賀地方隊の水中処分員らが水深約50メートルで作業に当たった。

処分員が周囲に爆薬を仕掛けた後、午前9時45分に「ドン」という破裂音が鳴り、爆破処理を終えた。安全のため、爆破場所から半径300メートル以内への船舶の立ち入りが禁止、半径3キロ以内で潜水や遊泳が規制されたが、ともに同10時40分ごろ解除された。

魚雷は6月25日に猿島の北東約2・5キロの沖合で漁船の乗組員が発見。直径約40センチ、長さ約4・7メートルで、海自は形状などから旧日本海軍の航空魚雷とみている。

漁船が網で引き揚げた後、海中に沈んだが、翌26日に海自掃海艇が水中カメラで確認していた。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会