1. ホーム
  2. 社会
  3. 猿島沖で発見の魚雷爆破処理で船舶の航行制限/横須賀

猿島沖で発見の魚雷爆破処理で船舶の航行制限/横須賀

社会 神奈川新聞  2012年07月10日 00:14

第3管区海上保安本部は9日、横須賀市の猿島沖で先月25日に見つかった魚雷の水中爆破処理が12日に実施されるのに伴い、発見場所から半径300メートルの海域で船舶の立ち入りを禁止する、と発表した。

3管によると、海上自衛隊の分析の結果、爆発物は第2次世界大戦中の魚雷(直径約40センチ、長さ約4・7メートル)であることが判明。

魚雷は先月25日に猿島から北東2・5キロの沖合で漁船が網で引き揚げた後、海中に落ちたが、同26日に海自の水中カメラで確認された。

安全のため、海自が爆破処理する12日午前8時半から同11時ごろまでの間、同海域での船舶の航行を制限する。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕