1. ホーム
  2. 社会
  3. 「小田原湘南ゴールドワイン」新発売、香り爽やか飲みやすく/神奈川

「小田原湘南ゴールドワイン」新発売、香り爽やか飲みやすく/神奈川

社会 神奈川新聞  2012年06月14日 22:38

新発売された「小田原湘南ゴールドワイン」
新発売された「小田原湘南ゴールドワイン」

小田原生まれの柑橘(かんきつ)類「湘南ゴールド」を使った「小田原湘南ゴールドワイン」が新たに開発され、販売が始まった。爽やかな香りと飲みやすさが特徴で、企画した小田原市農林畜産物特産品開発推進協議会は「貴重な湘南ゴールドのワインを楽しんで」とPRしている。

湘南ゴールドは、2000年に県農業技術センターの根府川分室でゴールデンオレンジと温州ミカンを交配して開発され、同市など県西部で栽培されている。

その知名度向上を目指してワインを開発。3月に収穫された市内産約500キロを使用し、約3300本を製造した。飲みやすさを追求しながら、特有の爽やかな香りを残すのに苦労したという。

同協議会は、市内の農林畜産物を生かした特産品の開発を促すことで農業の活性化を図っており、これまでに市内の梅やレモン、ミカンのワインを送り出している。

アルコール度は10%。500ミリリットルで希望小売価格は1200円。市内の酒店などで購入できる。問い合わせは、小田原酒販協同組合電話0465(24)2271。

【】


シェアする