1. ホーム
  2. 話題
  3. 河川敷白く包まれ ユキヤナギ見ごろ 川崎

河川敷白く包まれ ユキヤナギ見ごろ 川崎

話題 神奈川新聞  2017年03月24日 15:49

見ごろを迎えた多摩川河川敷の「ユキヤナギ・ロード」=川崎市幸区古市場
見ごろを迎えた多摩川河川敷の「ユキヤナギ・ロード」=川崎市幸区古市場

 川崎市の多摩川河川敷を彩る通称「ユキヤナギ・ロード」のユキヤナギが見ごろを迎え、真っ白く長い花の道がランニングやスポーツをする人たちを楽しませている。

 ユキヤナギは、バラ科の落葉低木で、雪白の小さな花が枝全体について株を覆うのが特徴。ハーフマラソンコース(幸区古市場1丁目~高津区久地2丁目)の10・3キロに約2700株が植えられ、白く続く道は「ユキヤナギ・ロード」と呼ばれている。堤防では、白いハマダイコンの花も咲き乱れている。

 市多摩川管理事務所は「例年並みの開花で、4月初めごろまでは楽しめるのではないか」と話している。


シェアする