1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 放射性物質検出の県産ミカン、「健康被害ない」給食使用へ/横須賀

放射性物質検出の県産ミカン、「健康被害ない」給食使用へ/横須賀

政治行政 神奈川新聞  2012年05月22日 21:52

横須賀市教育委員会は22日、市立学校向けの給食食材を対象にした事前検査で1キログラム当たり6・51ベクレルの放射性物質が検出された県産冷凍ミカンを、予定通り給食に使用することを決めた。

市議会議員などから食材の変更を求める意見が出ていたが、国が新しく定めた基準値(100ベクレル)を大きく下回ったため「健康面の被害はない」と判断した。

提供されるのは市内の小学校、特別支援学校計49校で、今月下旬の1回のみ。市教委は「不安なら無理に食べる必要はない」としており、23日から保護者への説明を始める。

【】


シェアする