1. ホーム
  2. 社会
  3. 来園者1100万人に、開園36年の箱根湿生花園/神奈川

来園者1100万人に、開園36年の箱根湿生花園/神奈川

社会 神奈川新聞  2012年05月14日 19:13

1100万人目の来園者としてフリーパスを受け取る三村さん(右から4人目)ら=箱根町仙石原の箱根湿生花園
1100万人目の来園者としてフリーパスを受け取る三村さん(右から4人目)ら=箱根町仙石原の箱根湿生花園

箱根町立箱根湿生花園(同町仙石原)の入園者数が14日、1100万人に到達し、記念式典が開かれた。

節目の来園者は、妻と両親の4人で訪れた大和市の会社員三村浩之さん(47)。山口昇士町長らから2015年度まで利用できるフリーパスや仙石原湿原を代表する花「ノハナショウブ」の鉢植えなどを贈呈され、「初めての来園でよい記念になった。また足を運びたい」と喜んでいた。

同園は、日本初の湿原植物園として1976年5月に開園した。敷地は約3万平方メートル。湿地帯をはじめ国内各地に分布する植物約1700種が鑑賞でき、町の代表的な観光スポットとして親しまれている。

鈴木克典園長は「より一層、皆さんに楽しんでもらえる植物園にしていきたい」と話していた。

【】


シェアする