1. ホーム
  2. 経済
  3. 「シェア畑」横浜に5日開園、都市生活者と農家マッチングへ

「シェア畑」横浜に5日開園、都市生活者と農家マッチングへ

経済 神奈川新聞  2012年05月02日 16:57

長靴一つで野菜作りを始められるというフルサポート付きの大規模都市型市民農園「シェア畑 新横浜」が5日、横浜市神奈川区神大寺4丁目にオープンする。

農業体験イベントの企画・運営、農地活用コンサルティングなどを行う「アグリメディア」(東京都世田谷区、諸藤貴志社長)が、家庭菜園や農業に興味のある都市生活者と担い手不足の農家をマッチングしようと、市から認可を受け、13平方メートルを200区画用意した。

種や苗、農具、資材などがそろっており、年間20品種の野菜を自ら育てて収穫できる。菜園アドバイザーが指導・サポートしてくれるので初心者でも楽しめる。また、駐車場、トイレ、水道、バーベキューセットなどの設備も充実。利用者間のコミュニティー形成を促す季節イベントも開催する。

利用料は、1区画で月額7800~8400円。4月7日から1カ月間、土・日曜日の午前10時から午後5時まで、現地で農園見学会を開催している(5月3、4日も開催)。問い合わせは、アグリメディア電話03(5426)3358。

【】


シェアする