1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 小田原城跡・八幡山古郭、市が一部用地取得へ/小田原

小田原城跡・八幡山古郭、市が一部用地取得へ/小田原

政治行政 神奈川新聞  2012年04月26日 21:35

小田原市が整備を目指している小田原城跡・八幡山古郭で、同市は一部用地(同市城山)の取得を26日までに決めた。市の保存管理計画で「優先的に国史跡の追加指定を図る」とされている場所。遅れていた整備が進む弾みにもなりそうだ。

市文化財課によると、今回取得が決まった用地は、小田原城址公園の北西側にある住宅地の一角。広さ約1200平方メートル。2010年4月に史跡公園として整備した八幡山古郭・東曲輪(ひがしくるわ)に隣接する。

この場所は、民間業者による宅地造成が計画されていた。市が10年度に策定した保存管理計画で周辺が優先的に史跡指定すべき場所に位置付けられ、市が11年10月に実施した調査で戦国時代の堀などが確認されたため、取得協議が行われていた。

業者の同意を得たことから、市土地開発公社が今月中旬に売買契約を締結。取得額は約1億3千万円。国の史跡指定を受けた後、9月以降に市が購入する予定。

さらに、追加指定が求められる場所として同公園の後背地もある。公有地化の必要性は既に所有者に伝えているという。取得協議が進展すれば、八幡山古郭の一体的な整備が進む可能性も高まる。

八幡山は大森氏が15世紀に築城した初期の小田原城の中心地。眺望の良い海抜約70メートルの尾根に山城として建設された。その後、奪取した北條氏以降、規模を拡大しながら、現在の城址公園一帯に移動していったとされている。

こうした二極構造が小田原城の特徴の一つとされるが、八幡山の整備は城址公園のある本丸・二の丸地区に比べて遅れているのが現状。東曲輪の史跡公園もマンション開発に端を発して公有地化された。

八幡山古郭のうち東曲輪は城址公園に面しており、周辺に広がる城郭跡「総構」を巡る玄関口にも位置付けられている。現在は住宅地だが、老朽化した空き家や未利用地も見られる。

同課は「具体的な整備計画の策定は14年度以降になる。ただ、今回のように開発検討のタイミングを逃さず、公有地化の協議をしていきたい」と話している。

【】


シェアする