1. ホーム
  2. 社会
  3. 小田原市立病院で妊婦に医療ミス、血液型誤り投与怠る/神奈川

小田原市立病院で妊婦に医療ミス、血液型誤り投与怠る/神奈川

社会 神奈川新聞  2012年04月24日 00:24

小田原市立病院は23日、30代の妊婦に必要な血液製剤を投与しなかったため、胎児が貧血状態となり、早期の帝王切開が必要となる医療事故があったと発表した。担当した20代の女性医師がカルテに血液型を誤って記入したのが原因。体重約1500グラムの未熟児で生まれ、3月に退院したという。

同病院によると、妊婦は2009年に第1子を妊娠し、検査で血液型がRhマイナスと判明。しかし、担当医がカルテにRhプラスと記入したため、妊娠28週目以降と出産直後に必要な血液製剤が投与されなかった。

第1子は無事に生まれたものの、11年に第2子を妊娠した際の血液検査で誤記入が分かった。胎児の貧血症状が悪化するなど危険な状態になったため、今年1月、妊娠30週目に帝王切開で出産した。同病院は「今のところ発育の遅れなどはないが、第3子を産む場合はさらに状況が悪化するため、控えてもらうほうがよい」としている。

同病院は検査結果の確認回数を増やすなどの再発防止策を講じるとともに、母親らと賠償などについて協議する方針。白須和裕院長は「患者やご家族に多大な負担をかけ、深くおわび申し上げる」と謝罪した。

【】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ