1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 社会・市民活動ポイント制度「Zen」、スポーツ・健康に拡大/逗子

社会・市民活動ポイント制度「Zen」、スポーツ・健康に拡大/逗子

政治行政 神奈川新聞  2012年04月20日 11:27

逗子市は、社会活動・市民活動ポイントシステム「Zen」の運用を本年度から「スポーツ・健康」へと拡大する。対象事業は、市と市体育協会が主催する20事業程度となる見込み。

Zenは、市が対象事業とする社会活動・市民活動に1回参加すると1Zen(100ポイント)が交付される仕組み。1Zenは100円に換算され、市民交流センター会議室やプール、逗子アリーナなど公共施設の使用料を払えるだけでなく、5Zen一括で500円分の商品券と交換可能。1Zenでも市内で利用されている既存の買い物カードの50ポイントと交換できる。

スポーツ人口の拡大や健康増進を主な狙いとして新たに交付されるのは「スポーツ・健康」事業。「社会活動・市民活動」は市が交付事業を公募しているが、「スポーツ・健康」は市と市体協の主催事業で、3回の参加で1Zenに換算する点が異なる。

市は、本年度の交付対象事業を20程度と見込んでおり、5月20日に開催される健康まつりで初交付する方針。

問い合わせは市民協働課電話046(873)1111。

【】


シェアする