1. ホーム
  2. 社会
  3. 樹齢230年、町最古の「土佐原のしだれ桜」見ごろ/松田

樹齢230年、町最古の「土佐原のしだれ桜」見ごろ/松田

社会 神奈川新聞  2012年04月13日 21:34

松田町最古の桜といわれる「土佐原のしだれ桜」が見ごろを迎えている。地元の寄地区では15日まで「寄しだれ桜まつり」が開かれており、観光客らが花をめでながら散策を楽しんでいる。

しだれ桜は、岡部昌典さん(71)方の庭先に植えられている古木。樹齢230年を数えるという。樹高12メートル、枝幅14メートルほどに及び、あでやかなピンク色の“傘”を広げている。

岡部さんによると、見ごろは来週半ばごろまで続く見込み。付近には15日まで休憩所が設けられ、茶や菓子などが販売されている。

小田急線新松田駅から富士急湘南バス寄行きで終点下車。問い合わせは、町環境経済課電話0465(83)1228。

【】


シェアする