1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「箱根旧街道」の保護計画策定へ

「箱根旧街道」の保護計画策定へ

政治行政 神奈川新聞  2017年03月18日 02:00

箱根旧街道
箱根旧街道

 箱根町は17日、国指定史跡「箱根旧街道」の保護・活用に向け、保存活用計画の策定に乗り出す方針を明らかにした。

 2017年度に杉並木や石畳の現状調査を実施。18年度に史跡整備、交通史、天然記念物などの専門家らで構成する委員会を立ち上げ、保護管理方針を定めた上、19年度に計画をまとめる。町教育委員会は「将来はこの計画に基づき、適切な保護対策事業を展開していく」と話した。

 箱根旧街道は1960年に国の史跡に指定された。江戸時代に整備され、急坂が多いことなどから箱根越えの難所とされた。石畳や樹齢約300年のスギが400本程度あるのが特徴だが、近年は伐採によるスギの減少や石畳の破損などが目立っているという。

 同日の町議会本会議で村野由紀子氏(公明党)の一般質問に答えた。


シェアする