1. ホーム
  2. 社会
  3. 三浦国際市民マラソン、1万1000人が4種目で快走/神奈川

三浦国際市民マラソン、1万1000人が4種目で快走/神奈川

社会 神奈川新聞  2012年03月04日 22:27

一斉にスタートする三浦国際市民マラソンのランナー=4日午前、三浦市内
一斉にスタートする三浦国際市民マラソンのランナー=4日午前、三浦市内

30回目を迎えた三浦国際市民マラソンが4日、三浦市内で開かれた。三浦市主催、神奈川新聞社など後援。

会場は発着点の三浦海岸から、松輪漁港や城ケ島などまでを往復する起伏に富んだコース。5キロ、10キロ、ハーフ、キッズビーチランの計4種目が実施され、計1万1千人余りが汗を流した。

タイガーマスクや三浦名物のダイコンのコスチュームを着たランナーも登場した。シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんをはじめとする8500人のギャラリーから声援を浴びながら、それぞれのペースで快走していた。

招待選手の一人で、ハーフマラソンの首位となった順天堂大の的場亮太さん(22)は「(大学生として)最後の大会でいい結果を出せた」と話していた。

(成績は3月5日の神奈川新聞紙面に掲載)

【】


シェアする