茅ケ崎副市長が事故死 ハワイ出張中|カナロコ|神奈川新聞ニュース

茅ケ崎副市長が事故死 ハワイ出張中

 茅ケ崎市は28日、姉妹都市協定の締結式出席のため米ハワイ州ホノルル市に出張中だった木村竹彦副市長(63)が25日午前8時20分(日本時間26日午前3時20分)、海岸での事故により死亡した、と発表した。

 市によると、木村副市長は21日からホノルル市を訪問。現地時間24日に服部信明市長らとともに締結式などに出席し、帰国予定だった同25日朝、市長や職員らと一緒に出掛けた海岸で事故が発生した。病院に搬送されたが、死亡が確認された。詳しい死因は分かっておらず、現地で検視が進められている。通夜と告別式の日程は未定という。

 茅ケ崎市出身の木村副市長は市企画部長や経済部長などを歴任し、2011年9月から現職。姉妹都市事業の担当副市長として、昨年12月から計7回ホノルル市を訪れていた。

PR