川崎・守田、全治6~8週間 ゼロックス杯出場微妙|カナロコ|神奈川新聞ニュース

川崎・守田、全治6~8週間 ゼロックス杯出場微妙

守田英正

 J1川崎は9日、日本代表MF守田英正(23)が8日に川崎市内の病院で検査を受け、右太もも裏の肉離れと診断されたと発表した。

 全治6~8週間の見込みで、今季の公式戦初戦となる2月16日の富士ゼロックス・スーパーカップの出場は厳しくなった。

 守田はアジア・カップに向けて1月4日にアラブ首長国連邦(UAE)で行われた日本代表の練習中に負傷し、離脱していた。

PR