スポーツカーを窃盗した疑いで3人逮捕|カナロコ|神奈川新聞ニュース

スポーツカーを窃盗した疑いで3人逮捕

 スポーツカーを盗んだとして、県警捜査3課と藤沢北署などは7日、窃盗の疑いで、ブラジル国籍で無職の男(32)=平塚市東真土4丁目=を再逮捕し、妻(39)と、同国籍の女(50)=同市横内=の両容疑者を逮捕した。

 同課によると、茅ケ崎市や平塚市などで昨年7~11月、年式が古い国産のスポーツカーの盗難事件が40件以上相次いでおり、県警が関連を調べている。

 無職の男の逮捕、再逮捕容疑は、ブラジル国籍の女と共謀して昨年10月、伊勢原市のアパート駐車場で、2000年式のスポーツカー(約62万円相当)を盗んだほか、昨年11月には妻と共謀し、秦野市の男性会社員(42)方で01年式のスポーツカー(約132万円相当)を盗んだとしている。

 調べに対し、無職の男と妻は「やっていない」などと容疑を否認し、ブラジル国籍の女は容疑を認め「他にも複数回、無職の男を手伝った」と供述している。現場周辺の防犯カメラに写り込んだ乗用車などから3人が浮上した。

PR