【寿町火災】死亡男性の部屋が火元か  焼け跡に吸い殻|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【寿町火災】死亡男性の部屋が火元か  焼け跡に吸い殻

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2019/01/06 11:10 更新:2019/01/06 11:10
 横浜市中区の簡易宿泊所(簡宿)で4日朝、5階の一部が燃えて男女2人が死亡した火災で、男性の遺体が発見された部屋が火元とみられることが5日、捜査関係者への取材で分かった。焼け跡からたばこの吸い殻が入った空き缶が見つかり、県警が出火原因との関連を調べている。

 捜査関係者によると、男性は足が不自由だった511号室の宿泊者とみられ、ベッドの上に倒れていた。部屋は約6平方メートルで、空き缶はベッドからやや離れた位置にあった。訪問介護でこの簡宿を訪れていたヘルパーは県警に対し、男性が空き缶を灰皿にしていたと説明している。

 一方、簡宿の関係者によると、5階の全16室は壁面がすすけるなどし、復旧には数カ月を要する見込み。生活拠点を失った十数人は、近隣の別の簡宿に身を寄せた。4階や6階の部屋でも電気系統などに不具合が生じたが、宿泊は可能な状態という。

 火災は4日午前6時15分ごろ、同区寿町4丁目の鉄筋10階建て「扇荘別館」で発生。5階の4室など計約80平方メートルを焼き、いずれも宿泊者とみられる男女2人が死亡、1人が意識不明の重体になるなど計8人が重軽傷を負った。出火当時は建物に約140人がいた。

PR