訓練で日米連携を再確認 被ばく想定し、横須賀市と米海軍|カナロコ|神奈川新聞ニュース

訓練で日米連携を再確認 被ばく想定し、横須賀市と米海軍

原子力空母ロナルド・レーガンから乗組員を搬送する手順を確認する米軍関係者ら=米海軍横須賀基地

 日米合同の原子力防災訓練が17日、米海軍横須賀基地と横須賀市役所で行われた。市や国の関係機関、米海軍の関係者など計約160人が参加し、初動での連携を改めて確認し合った。

 訓練は、基地に配備されている米原子力空母ロナルド・レーガン内で、乗組員が配管から漏れ出した冷却水を浴びて軽度に被ばくするなどしたとの想定で行われた。

 被ばくした乗組員に見立てたマネキンを救急車で搬送するとともに、米海軍と原子力規制庁のモニタリングチームが合同で周辺の放射線レベルを計測。また米海軍からの一報を受けて市役所内に災害警戒本部が設けられ、各関係機関が情報を共有した。

 終了後、上地克明市長は「連絡体制は迅速で安心した。今後も万が一に備えて引き続き、連携を強化したい」と講評した。

 一方、訓練を見学した「原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会」共同代表の呉東正彦弁護士は「これまで通り市民の参加などが全く行われない残念なものだった。今日のような訓練では市民の安全は見殺しにされてしまう」とのコメントを出した。

 訓練は先代の原子力空母ジョージ・ワシントンの配備決定を受けて2007年から行われ、今年で12回目を数えた。これまで一般市民が参加したことはない。

PR