不発の花火玉が見つかりません 相模原市が注意呼び掛け|カナロコ|神奈川新聞ニュース

不発の花火玉が見つかりません 相模原市が注意呼び掛け

見つかった方の不発花火玉(相模原市消防局提供)

 30日夜に相模原市緑区大島で開かれた「日々神社例大祭奉納花火大会」で、打ち上げられた花火玉のうち2発が不発に終わり、うち1発が行方不明になっていることが31日、分かった。

 相模原市消防局が同日、発表した。同消防局は「発見しても持ち上げたり動かしたりせず、最寄りの消防署や警察署へ連絡してほしい」と呼び掛けている。

 同消防局によると、行方が分からない花火玉は直径約12センチの4号玉。午後8時から、3号玉(直径約9センチ)と合わせて計95発が打ち上げられたが、4号玉2発が不発だった。1発は31日に打ち上げ場所の畑地内に落下しているのが発見されたが、もう1発は見つかっていないという。

PR