群馬県の9人乗り防災ヘリが不明 不時着か墜落の可能性|カナロコ|神奈川新聞ニュース

群馬県の9人乗り防災ヘリが不明 不時着か墜落の可能性

群馬県の防災ヘリコプター「はるな」とみられる残骸が発見された山中の現場=10日午後2時48分、群馬、長野県境(共同通信社ヘリから)

他の写真を見る
 10日正午ごろ、群馬県の防災ヘリコプター「はるな」と連絡が取れなくなった。群馬県によると、ヘリには県防災航空隊の4人と吾妻消防隊員5人の計9人が搭乗している。群馬県警によると、白根山の東側に不時着したか、墜落した可能性があるという。

 国土交通省などによると、ヘリは11日に開通する群馬、長野、新潟の県境の稜線を結ぶ登山道「ぐんま県境稜線トレイル」を上空から確認するために飛行していた。10日午前9時15分に前橋市内のヘリポートを離陸、同10時45分に帰ってくる予定だった。

 群馬県が運航を委託している東邦航空によると訓練飛行中だった。

PR