梶井基次郎「泥濘」 名作「檸檬」の影絵のような|カナロコ|神奈川新聞ニュース

梶井基次郎「泥濘」 名作「檸檬」の影絵のような

日本文学あの名場面/ロバート キャンベル(文学者)

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/07/22 12:30 更新:2018/12/31 11:27

「泥濘」の一場面を拡大して読むにはこちらから(PDF)


 梶井基次郎の代表作「檸檬」より半年後、大正一四(一九二五)年七月に発表された一人称短編小説である。ある朝、とらえどころのない憂鬱(ゆううつ)に鎖(とざ)された青年奎吉(けいきち)は東京の郊外にある下宿を出て、空想を膨らませながら、都心の街から街へと歩き回っている。「檸檬」と同じように...

この記事が読めるプランは次の通りです。
カナロコ プレミアム 、カナロコプラス 、スポーツプラン 、時代の正体プラン 、事件の現場プラン 、バリュープラン

PR