J1湘南がライザップ傘下に 株主総会で正式決定|カナロコ|神奈川新聞ニュース

J1湘南がライザップ傘下に 株主総会で正式決定

ライザップグループの傘下入りが株主総会で承認され、取材に応じる湘南の真壁会長 =平塚市内

 サッカーJ1の湘南がフィットネスジムを運営するRIZAP(ライザップ)グループ(東京都新宿区)の傘下に入ることが15日、正式に決まった。平塚市内で同日開かれた湘南の株主総会で賛成多数で議決された。湘南の役員の選任も行われ、全13人中7人の新たな取締役をライザップグループから受け入れることが承認された。

 湘南の真壁潔会長は総会後、「反対の声はなかった。市民クラブとして20年近くやってきて限界も感じる中、さらに上を目指すには資金が必要。ようやく日本のスポーツを変えたいという経営者に出会えた」と話した。総会の出席者からは「ようやく前向きな話を聞くことができた」と好意的な声が上がった。

 設立される新会社はメルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズで、これまでの筆頭株主だった三栄建築設計(同杉並区)が50・05%、ライザップグループが49・95%を出資し、湘南を連結子会社化する。

 新会社は、第三者割当増資で湘南の株を新たに6787株取得し、三栄建築設計が保持する6800株と合わせ、50・001%保有する。

PR