MM線にAI接客システム 鉄道事業者で初の試み|カナロコ|神奈川新聞ニュース

MM線にAI接客システム 鉄道事業者で初の試み

AI接客システムを活用した案内サービス

 横浜高速鉄道は2月から、AI(人工知能)接客システム「KIZUNA(絆)」を活用した案内サービスを開始した。同社公式ホームページから利用でき、鉄道事業者では初の試みとなる。

 顧客からのさまざまな問い合わせに対しAIがテキストなどで回答する。みなとみらい(MM)線では今後、AIなどの新たな技術を導入し、案内サービスの充実に努めるという。

 問い合わせは、横浜高速鉄道電話045(664)0625。

PR