サービス活用「上手に」 介護経験語るセミナー|カナロコ|神奈川新聞ニュース

サービス活用「上手に」 介護経験語るセミナー

介護では事前の備えや情報を得ることが重要と訴えたパネルディスカッション=横浜市西区

 介護について理解を深めてもらおうと、セミナー「新しい介護のカタチを考える」(神奈川新聞社、SUMICALM主催)が8日、約200人が参加して横浜市西区の横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで開かれた。フリーアナウンサー町亜聖さんらによる講演とパネルディスカッションを行い、介護保険サービスを上手に選択し、活用してほしいと呼び掛けた。

 講演で町さんは、在宅で看(み)とった母の10年間の介護について「気づきと工夫の連続だった」と振り返った。「自分も必ず介護される側に回る日が来る。このままで良いのか考えてほしい」と述べ、介護保険制度について考え、声を上げる必要性を訴えた。

 また、ケアコンサルタントの川上由里子さんは、有料老人ホームも含め、ライフスタイルに応じた住まいの選択肢があることを紹介。横浜市高齢健康福祉部の松本均部長が介護保険サービスと地域包括ケアシステムの役割を解説した。3人によるパネルディスカッションでは、「在宅、施設とも、ニーズに合わせサービスを選べる時代になった」(川上さん)とし、一人で抱え込まず、地域包括支援センターや行政窓口に相談すること、地域とつながることの重要性を指摘した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR