ロシア、平昌五輪出場停止も ドーピング検査機関の処分継続か|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ロシア、平昌五輪出場停止も ドーピング検査機関の処分継続か

 【モスクワ共同】ドイツ公共放送ARDは12日、世界反ドーピング機関(WADA)が15、16日に開く理事会で、規定を順守していないとして資格停止としているロシア反ドーピング機関(RUSADA)の処分を解除しない方針と報じた。資格回復の見送りは、来年の平昌冬季五輪・パラリンピックでのロシア選手団の出場停止につながる可能性がある。

 ARDは資格回復が認められない理由として、ロシアの国ぐるみのドーピングを認定したWADA調査チームの報告書の内容を、同国が認めていないことなどを挙げた。ロシアのムトコ副首相は13日「何の裏付けもない情報だ」と述べ、反発した。

PR